ローダー

ブログ

2015/10/26 

夏のスノーボード、ベランダに置いてない?トランクルームに収納すべき7の理由

画像出典:Flickr Bob Bob

ウィンタースポーツの定番、スノーボード。風を切ってゲレンデを颯爽と滑るのは最高に気持ちいいですよね!

でもそのボード、夏の間はどうしてますか? 大きくて場所を取る上に保管にも気をつかうスノーボードは正直言って邪魔……。そんな方にオススメなのがリーズナブルな保管庫、トランクルームの利用です。

この記事の前半ではスノーボードの保管前のケア方法を、後半ではスノーボードをトランクルームで保管すべき理由をご説明します。

スノーボードはどう保管すべき?

1

Flickr Gergely Csatari

そもそもスノーボードは冬が終わったらどのようにケアすべきなのでしょうか。ご存知の方もいるとは思いますが、一度振り返ってみましょう。

バインディングを外す

バインディングをつけたままそのままにしておくと、ボードのゆがみにつながります。

また、残った雪解け水によってネジが錆びて形が戻らなくなることも考えられるので、もう使わない場合はバインディングを外しましょう。外すことによってワックスなどの手入れもしやすくなります。

汚れをふき取る

ボードは見た目以上に汚れています。冬も終盤になると黄砂や花粉、そのほかにも土や砂ぼこりがボード表面にこびりつくのです。リムーバーを布に含ませ、トップシートやソールの汚れをふき取りましょう。ソールは特に汚れがつきやすいので念入りに。

ワックスを塗る

板にワックスを塗らず放置すると滑走面が酸化し、滑走性が低下してしまいます。簡易ワックスでも良いので使用してソール面を保護することが重要です。

傷をチェックする

ボードの傷は滑りに影響を与えます。ソールの傷は深ければ中心材に水が染み込んでしまいますし、エッジの傷はターンの途中の減速を招きます。ケア用品を使って自分で修理することもできますが、やはりチューンアップに出した方が安心です。

トランクルームを使うべき7の理由

自分の部屋を広く使える

2

Flickr Michael Saechang

スノーボードはブーツなども含めるとかなりの場所を取ってしまいます。ボードを壁にかけてオシャレインテリアとして使うという方法もありますが、やはり保管スペースは欲しいですよね。トランクルームを利用すれば自分の部屋や倉庫を別の用途に使うことができます。

湿気温度の管理

スノボ用具で一番気をつかうのは、保管場所の湿気や温度など空調面ですね。ボードは温度や湿度次第でかんたんに劣化してしまいますし、ブーツのカビや悪臭を防ぐためにも高温多湿の環境は避けたいところ。

トランクルームはルームタイプならば空調完備です。保管している間の用具の劣化を心配する必要もなくなります。

24時間出し入れ

24時間365日年中無休で出し入れ自由、というのも魅力的です。深夜に出発して翌朝スキー場に着くプランで行く場合も、すぐにボードを取り出すことができます。

ショップによっては冬までボードを預かってくれるサービスを提供しているところもありますが、急きょ決まったスノボ旅行に対応できるのはトランクルームです。

ウェアなど小物も一緒にしまえる

3

Flickr Matt Seppings

すでに述べたように、ボードだけでなくブーツも保管場所に気を使いますし、ウェアも結構スペースをとり、悩みどころ。トランクルームは「場所」単位で借りるので、スノボ用具一式を可能な限りすべて入れてしまうこともできます

もちろんスノボ用具だけでなく、ゴルフ用具や釣り用具などほかの趣味のものを入れることも可能です。あらゆる収納スペースに関する問題が一挙解決します。

場所を選べる

トランクルームの利点は、自分の都合に合わせて場所が選べるところにもあります。車でボードを運ぶ人は駐車スペースが併設されているトランクルームを選ぶと良いでしょう。

ゲレンデからの帰りに預け、翌年行くときに取りだすということも可能です。また、車を持っていない人も駅から徒歩10分圏内にあるトランクルームを選択でき、重いスノボ用具を持って長い道のりを歩く必要がなくなります。

万が一の事故・盗難がない

屋内型のトランクルームでしたら監視が行き届いていますので、盗難の心配をする必要はないと言えます。また、トランクルームの火災などについてきっちりとした補償をしているところもあるのでその点も安心。

スノボ用具は決して安価とは言えないものなので、そのあたりのサポートがあるのは嬉しいですね。ただし、屋外型トランクルームでは盗難が起こったり、事故補償のついていない場合もあるので、トランクルームを選ぶ際は注意深く決めましょう。

スノボへのモチベーションアップ

これは意外に思われるかもしれませんが、トランクルーム利用でスノーボードへのモチベーションも上がるのです。長い間スノボをしていると、なんとなく今年は気分が乗らないということがあります。そのままモチベーションが上がらず雪山から離れてしまう人も一定数いるのです。

しかしトランクルームを利用していれば、スノーボード保管に毎月お金を払っていることを考えて「せっかくだし思いっきり楽しんでみよう」という気持ちになるはずです。ゲレンデと一生付き合っていくきっかけはトランクルームになるかもしれないのです。

ベストパフォーマンスはオフシーズンの保管から!

全スノボ愛好家の悩みであるところの、オフシーズンの用具保管。なんとなく面倒で、シーズンが終わったらそのままベランダに放り出していませんか?

それでは道具の寿命を縮めるだけです。しっかりと手入れをした後はトランクルームで保管して、毎シーズンベストな状態で銀世界を楽しみましょう。

カテゴリ

  • No Categories

新着記事

  • エリアから探す
  • こだわり条件で探す
  • 新着から探す
  • 初めての方へ
  • 当サイト相談スタッフから