ローダー
0件

当サイト相談スタッフから

トランクルームとレンタル収納スペース

会社の資料や趣味のグッズ、決まった季節にしか使わないものなど、自宅に置いておけなくなったものを預けておく場所としてトランクルームが有名です。こういった施設を探していると、レンタル収納スペースと言うものも見つかります。どちらも同じ室内型のスペースに荷物を収納するという点が共通しています。では、具体的に何が違うのでしょうか。まず、トランクルームというのは、国土交通省が認定した倉庫業者が運営しています。倉庫業法に基づいた運営となるため、保管用の倉庫として借りることができます。寄託契約という契約形態をとるため、預けたものは、業者側が責任を持って保管します。万が一にも破損などがあった場合は補償を受けることができます。また、現地にスタッフが常駐しているため、厳重な警備隊形を取っております。その代わりに利用時間には制限があります。荷物の出し入れに付き添ったり、業者が行うこともあります。また、空調により室内の温度管理も充実しているため、温度の影響を受け易いものも預けることができます。一方レンタル収納スペースとは、不動産系賃貸業者が運営するもので、荷物を収納する場所を借りるという扱いになります。そのため、保管する荷物に対しては責任を負わず、借り主の自己責任という形になります。無人管理で24時間利用が可能なため、自由な利用ができます。大切なものを保管しておきたいのであれば、管理や環境が充実したトランクルームを利用するほうが良いようです。

  • エリアから探す
  • こだわり条件で探す
  • 新着から探す
  • 初めての方へ
  • 当サイト相談スタッフから