ローダー
0件

当サイト相談スタッフから

コンテナタイプとビルインタイプ

トランクルームと一括りにしても、実はそのタイプは大きく分けて2つに別れています。1つはコンテナタイプ、もう一つがビルインタイプです。 コンテナタイプの特徴は、見たままそのまま、海上輸送などに使われるコンテナを改装したものがトランクルームとして提供されている点です。トランクルームの管理業者によりその実態は様々ですが、大抵の場合はコンテナを複数室に分割して使えるように改造してあり、ニーズに応じて様々な大きさのコンテナが用意されています。屋外設置なので気温の変化は受けますが、そうしたものに影響を受けないようなものの収納には打って付けです。価格も、後述のビルインタイプより安い場合があります。 もう一つのトランクルームがビルインタイプと呼ばれるもので、読んで字のごとく、ビルの中に入っているトランクルームです。オフィスビルなどのワンフロア、もしくはビル全体がトランクルームになっており、その中にある区画分けされた部分が、トランクルームとして使える部分です。 トランクルームの大きさは様々で、コインロッカー程度のものから、3畳程度の広さを持つものまで、こちらもニーズに応じて様々なものが用意されています。

  • エリアから探す
  • こだわり条件で探す
  • 新着から探す
  • 初めての方へ
  • 当サイト相談スタッフから