ローダー
0件

当サイト相談スタッフから

管理体制の違いについて

トランクルームにも色々なものがあり、広さ、場所によって料金も様々なタイプがありますが、この他にも警備体制の違いによる料金の差というものもあります。 トランクルームの場合、有人警備か無人警備かの違いがあります。 有人警備の場合は、受付窓口のようなものがあり、身分証明書などを提示した上で保管スペースに出入りすることが出来るということで、本人確認などをきちんと行う分セキュリティ体制がしっかりしていると言うこともできます。 また、有人というだけで、窃盗などを企てる輩が減少するという効果も期待できます。 一方無人警備の場合、大抵の場合は出入り口や保管スペースへの入室にICチップなどを使ったカギが使われており、カギがなければ入試室出来ないという仕組みになっていることが多いようです。 このタイプは人件費が少ない文トランクルームのレンタル費用も少し抑えられる可能性がありますが、無人ということは、カギを盗んだり、あるいは壊して侵入しようとする輩に対しての防御効果が若干薄くなるという危険性もあります。 もし、トランクルームに預ける荷物が高価なものの場合は、有人型を検討するか、もしくは高価なものをトランクルームに預けないという自己防衛策も必要かもしれません。

  • エリアから探す
  • こだわり条件で探す
  • 新着から探す
  • 初めての方へ
  • 当サイト相談スタッフから